Arucana-Wedding

婚活はあなたの過去と未来を変える

[男性医師の結婚]結婚相手に選ぶ女性の職業とそのワケ。見落としがちな狙い目とは?

      2020/06/13 ライター:

「最前線で未知のウイルスに立ち向かっている医療従事者を応援しよう!」今、日本のみならず世界中で、医療従事者に感謝の気持ちを持とうという意識が高まっています。大きなプレッシャーの中で大切な命を救うために頑張っている医療従事者に注目が集まっている今、医者との結婚を意識する婚活女子は多いと思います。

今、大注目の医者との結婚を考えている婚活女子に向けて、医者が結婚相手に選ぶ女性の職業とその理由、そして医者との結婚を考えている婚活女子が見落としがちな狙い目とは何か、一緒に見ていきましょう。

医者と結婚する女性の職業

医者と結婚する職業で一番多いのは、女性の医者と看護師です。続いて、薬剤師や管理栄養士、社会福祉士、医局秘書。一般人との結婚は1割程度と言われています。同業種の相手と結婚をする理由は、普通の仕事よりも忙しいとか、転勤が多いとか、食事会が多いとか、想像していたよりも給料が安いとか、一般的な職業とは異なる点が多いからです。医者が結婚相手に選ぶのは「医者という仕事に対する理解がある女性である」ことが分かります。

先手必勝 学生のうちに出会うこと

医者は卒業と同時に、半数近くが同級生の女医さんと結婚して既婚者になると言われています。残りは看護師などの同業種。そして結婚相手との出会いの場は職場という人がとても多いです。20代後半では、殆どパートナーがいて、フリーの医者は少なくなります。なので、医者との結婚を考えているなら、学生のうちに知り合って彼を支えていくといいでしょう。

ねらい目はココにあった 医師との結婚は地方がいい

既に働いている婚活女子で、医者と出会いたいと考えている人は「将来、都内に住むことを条件から外す」のがオススメです。医者は各地方から集まって東京で勉強しています。いずれは地元の医院を継ぐという場合、結婚後は地元でと考える人もいます。また、経営的にも医者の競合が沢山いる銀座や渋谷より、郊外に出した方が経営がしやすいのです。静かで何もない地方というのがねらい目なので、結婚の条件を広げておくといいですよ。

 

[関連記事]

 

 タグ: 医者

ライター: