Arucana-Wedding

婚活はあなたの過去と未来を変える

[気になる] 知財のエキスパート 弁理士が結婚したい女性のタイプとは[恋愛傾向も解説]

    ライター:

知的財産の専門家、弁理士という職業の名前は知らないけれど、特許や著作権、商標などは身近な言葉として知っている人は多いですよね。

タイプ別 弁理士が結婚相手に選ぶ女性

清楚系帰国子女

親の仕事の関係で子供時代を海外で過ごしたという帰国子女。または留学経験のある英語ペラペラ女子は、国際特許事務所にいます。

フランクなつき合いができ、気を使いすぎないところが人気です。

理系女子

同じ理系脳の女性であれば、物事を合理的に考える理系男子と思考の方向性が似ているため、安心感があるようです。

努力家女子

やりたいことに向けて努力している女子は、生き方もブレないと人気があります。不要な買い物や時間を無駄にせず、自分を持っている女子に惹かれるのは、弁理士だけではありません。

癒やし系女子

日々、男性の多い職場で競争していると、家に帰ったら癒やしが欲しいと思うもの。自立した考えを持っていても、相手の味方でいてくれる優しい女子に魅力を感じ人気があります。

弁理士[理系男子]の恋愛傾向

口ベタ、不器用だけど奥が深い

第一印象は、理路整然としてとっつきにくい。女性に人気がないタイプに思えるかもしれません。

ですが、全体像を把握し無駄を削ぎ落とすということは問題解決の近道になります。無駄が少ないし、回りくどい言い方をしないので、はじめは戸惑うかもしれません。でも相手を理解すればするほど、奥が深いことが分かるようになります。

しっかりと計画を立てて行動する

何事も目標を立てて行動することが好きなため、旅行やライフプランも積極的。すべて相手にお任せするなんて無茶ぶりはしないので、良いパートナーになってくれます。

理想と現実のギャップが少ない

 

純粋な一面を持っている

 

男同士のつき合いが上手い

 

弁理士の仕事とは

特許、意匠、実用新案、商標、著作権、種苗などの知的財産権を扱うスペシャリスト。

弁理士の独占業務となっています。

アメリカや中国をはじめ、海外への出願手続きを行うので、英語はもちろん中国語が堪能な弁理士もいます。

仕事は国内外の特許庁とのやり取りです。

弁護士と弁理士の違い

 

 

弁理士の平均年収をリサーチ

 

気になる弁理士との結婚生活

 

弁理士と出会えるおすすめ結婚相談所

 

 

 タグ: 弁理士

ライター: